bubble-83758_1280

占いカフェ日記

幸せが分からなくなったら読んでみてください。


 2012年は私にとって激動の年でした。

 忘れもしない2011年の震災の影響で無に等しくなってしまったイベントやパーティへの占い出店。
 その傷がようやく癒えてきた頃に、あの「オセロ中島さん占いマインドコントロール事件」です。
 風評被害で客足は滞り、廃業した同業者も多いと聞きます。

 その傷がようやく癒えてきた頃、私の右耳は聴力を失いました。

 病名は「突発性難聴」。
 病院に行くと即刻入院。
 突発性難聴で突発性入院かぁ。。。なんて愚にもつかぬことを思いつつ点滴を受けた1週間。
 それでも治らなかったので転院し、2週間の入院。
 喉仏の脇に注射を打つという過酷な治療を受けました。
 それでも治らなかったので退院後は鍼治療に毎日通いました。

 それでも50%程度の回復です。
 後遺症のめまいも治らず、未だに自転車には怖くて乗れません。
 鍼治療は、貯金も底を尽き素寒貧になってしまったのでやめ、喉仏に注射を打つ治療も治療効果を発揮しなくなってしまったのでやめました。

 二度目の入院の最中に、勤めていた占い館が事実上の倒産。
 私の一番のお得意様であり、尊敬する人生の先輩でもある方の突然の訃報。
 退院後、連絡が取れなくなってしまった年下の彼。
 自慢だったモデル体型は、入院中に太って見るも無残に崩壊。
 これでもか! というくらいに試練が次々と襲ってきました。

 お金も仕事も恋人も健康も若さも美貌(?)も…、すべて失いました。

 「これから、どうやって生きていこう…」

 不安でした。
 この先、どんな不幸な日々が待ち受けているのだろう、と。

 でも今。

 相変わらず、お金も健康も若さも美貌(?)も失ったままなのですが、ぜんぜん不幸じゃないんです。

 確かに、会話中、よく聴こえないから聞き返すことも多かったり、新規事業がまだまだだから収入も低いままで貯金もままならないので、お金が無いという情けない理由で友人からの素敵なお誘いを断らざるを得なかったり、皆が仲良しで楽しかった占い館での仕事を懐かしんだり、太って服が入らなくなったせいで、もはや趣味といってもよかったお洒落を楽しめなくなっていたりと、ストレスは感じていますが、楽しくHappyな人生を謳歌しています。

 幸せの定義って何なんだろう?
 諦めずに生きていれば、形を変えても幸せは続くのだなぁ。

 それとも、私がただ能天気なだけ???

 O型だからぁ(笑)

関連記事

  1. doraemon-74473_1920

    占いカフェ日記

    ドラえもんが出してくれそうな身近な道具

    「ドーラーえーも~ん」♪チャチャチャチャンッ♪「『タロットカード―』 …

  2. slide_u01_s

    占いカフェ日記

    占い業界 世直し宣言!

    よく、こんな人は占いに来るなって言う占い師がいますが、それはプロ意識が…

  3. car-accident-1660670_1280

    占いカフェ日記

    霊障を疑うのは最後の最後の可能性として。

    立て続けに2度も事故に!事故運? 霊障? 引き寄せ?ぃゃゃゃゃ、運転技…

  4. sculpture-2275202_1920

    占いカフェ日記

    堂本剛くんが突発性難聴、心配です。。。

    キンキキッズの堂本剛くんが突発性難聴で入院治療中とのニュースが。私も発…

  5. torii-1389085_1920

    占いカフェ日記

    ご利益

     日本人は神仏に対してまで現世利益を求め、利益が無ければ氏神様ですら見…

  6. IMG00616

    占いカフェ日記

    奇門遁甲開運ツアー in 諏訪

    行って参りました、諏訪!奇門遁甲という開運術で西が事業発展や人気運に良…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログのテーマ

PAGE TOP