pens-1315886_1920

未分類

キッチン文具?


 まったく占いとは関係ないけれど、我が家のキッチンには、何故か文房具がたくさん。
 実は文具には、お料理のときにとっても役立ってくれる物があると気づいたのです。
 文具以外でも本来の使い方とは違う、お役立ちグッズもあります。

 もし、ここに挙げた物の他にも、キッチン以外でも意外な使い方で役に立つ物や方法をお持ちでしたら、ぜひコメントにてご伝授いただけると嬉しいです。

  ① 目玉クリップ 豆or小
     包丁研ぎの時に使います。
     包丁の背に3~4個挟んで研ぐと素人の私でも均一に楽に研げます。
     先端側を小さいサイズにすると、より美しく研ぎ上がります。
     包丁の大きさとクリップで出来る角度を見て、大きさを選んでください。

  ② アルミのバインダークリップボード A4
     冷凍品の解凍に使います。
     アルミの熱伝導の良さを利用し、自然解凍を早く美味しくすることができます。
     裏返して冷凍品を乗せます。
     良い感じに傾斜がつくので、溶けた汁をシンクに流せます。
     アルミ板の端をレンジで温めるタイプのカイロなどと接触させると、より早く解凍できます。

  ③ 印鑑下敷き 手のひらサイズ
     柔らかい物を掌の上で切りたいときに使います。
     トマトやコンニャク、豆腐などをちゃちゃっと手のひらの上で切っちゃうときってありますよね。
     でも、私はチキンなので結局まな板を使ったほうが早かったかもってことが多々ありました。
     そんなとき、手のひらに乗せてまな板代わりにすると手を切る心配もなくちゃっちゃっと切ることができます。   

  ④ デザインカッター
     海苔やシソなどをカットして、キャラ弁などの絵や字を描くときに使います。
     ちょっと専門的な文具屋さんに行かないと無い場合が多いけれどペン型で先端が動くカッターです。
     漫画家さんがスクリーントーンを細かくカットして影をつけたりするためのカッターなので、素人でもある程度細かいデザインを作ることができます。

  ⑤ 穴あけパンチ
     キャラ弁で海苔やシソ、錦糸卵などに使うと目玉や水玉模様を作るのにちょうど良いです。

  ⑥ カッティングマット A2・A4 
     まな板代わりに使います。
     ラバー製の下敷きなので滑りにくく、刃当たりが柔らかいため刃こぼれしにくく、食材を切り離しやすいです。
     しかも目盛り付きなので、大きさを揃えやすいです。
     まな板よりも幅があるので、一度にたくさん切れますし、傷がつきにくいので衛生的です。
     柔らかいので食材を投入するときは楽ですが、硬くて平らな場所の上でしか使えません。
     小さいのはテーブルでのちょい切りに便利です。
     シンク底に敷いておけば、使用後の食器を洗うときに落としてしまっても衝撃が少なく割れにくいです。
     (ちなみに、マウスパッド代わりにデスクにあると、カッターを使うときや印鑑を押すときに重宝です。)

  ⑦ 金属の定規
     鉄板や鉄鍋の上で食材を切るのに使います。
     角や平面で切ります。火傷にご注意ください。

  ⑧ スチール棚のフック収納用サイドメッシュ
     狭いキッチンのシンクを水切りや調理台代わりにしたいときに使います。
     これは文具ではありませんが、大きさを合わせればキッチンが広くなります。
     使い方はシンクの上に渡すだけ。
     小さい物を置きたいときはクッキングマットなどを敷けば完璧です。
     使わないときは、シンクの横に立て掛けられて、収納場所にも困りません。

  ⑨ 美容クリームに付属のヘラ
     これも文具ではありませんが、食卓でお塩や調味料をすくうのに絶妙な形と大きさで重宝です。

   おまけ 
  ⑩ バターナイフ
     古ストッキングや古布を被せると、家電の通気溝などの細かい隙間掃除に便利です。

  ⑪ ラップなどの芯
     使い終わったラップなどの芯は、占いのポスターなど折りたくない紙類を丸めて持ち運ぶのに便利です。
     また、ブーツの中に入れて、型崩れ防止と湿気取りにも重宝しています。

 こんな感じですが、いかがでしょうか?
 ここに挙げた名前は正式名称じゃ無いかもしれないので、検索で出てこなかったらごめんなさい。

 では~、あなたの便利アイディアよろしくで~す♪

関連記事

  1. future-1126760_1920

    未分類

    占い師ってどんな人?

     占い師は一般的に、未来を予見し予言をする存在と言われています。 しか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログのテーマ

PAGE TOP