new-age-242773_1920

占い軍師上嶋櫻子の研究録

『わがままを直し思いやり深い人になりたいNさん』のサンプル占い


さて、今回のサンプル占いは、ご自身について不安を抱えるNさん(仮名)です。
Nさんは、ご自分のことをわがままで自己中心的な性格だと言います。
もっと思いやり深く、そして己を律することのできる人間になりたいと思っています。
どうしたら性格を直し、そんな理想の自分になれるのか、占って欲しいとの依頼を受けました。

 ・本当にNさんは思いやりに欠け、自己中心的なのか?
 ・何がNさんを性格のことで悩ませるのか?
 ・どうしたら理想の性格になれるのか?

この3点を中心に占ってみようと思います。

過去(原因)  現在(経過)  未来(結果)
IMG00936
ワンド3 逆   塔 逆    ソード7

Nさん、ご自分のことを責めすぎていやしませんか?
もしかしたら、身近な人に箸の上げ下ろしに至るまで批判されているのでしょうか?
Nさんが言う程わがままとは思えませんし、ましてや自己中心的って本当でしょうか。

もちろん、思いやり深い女性になりたいと己を振り返り反省することは、とても良いことだと思います。
しかし、誰でも他人に合わせてばかりはいられませんし
考え方や感じ方の違いから、自分を中心にした行動を取らざるを得ないこともあるでしょう。
そんなことまでも、反省の対象にしていませんか?
安易に人の意見に惑わされないようにしてください。
私利私欲に即した行動が必ずしも悪いことではない、とカードは告げています。
ですが、社会の一員として、やはり線引きは必要でしょう。

そこで、どのような言動を取るべきか、アドバイスを聞いてみることにしましょう。

アドバイスカード
IMG00937-300x225
ソードQ 逆

Nさんは、過去の失敗を繰り返したくないのかもしれませんね。
そのせいで、感情を殺して理性で物事を捉えてしまっているようです。
相手の感情のような、考えるよりも感じることで理解できる事柄まで
頭で分かろうとしてしまっているようです。
それが、思いやりを発揮できない要因になっていることにも気付かずに・・・。

嬉しい、楽しい、心地良いなどの幸せな感情だけでなく
怒り、悲しみ、悔しさ、恐れ、不安、不快など、ネガティブな感情も
蓋をせずに、向き合いましょう。痛みを自分の中に取り入れるのです。
ネガティブな感情の無い人は
平気で他人に対してもネガティブな感情を起こさせることができますし
他人のそんな感情を理解することができません。
痛みのない人は、人の痛みに共感することができません。
思いやり深い人間になりたいのなら、もっと痛みを受け入れるのです。
敢えて苦行に挑まなくても、Nさんは、もう十分痛みを感じる経験をしているはずです。
そこから逃げずに、もっと向き合えば良いのです。

そして同時に、幸せな感情ももっともっと味わってください。
幸せでない人は、人を幸せにするのに必要なゆとりを持つことが難しくなります。

 Nさん、人は、痛みの分だけ他人の痛みを癒せるし、幸せの分だけ他人を幸せにできるものです。

  Nさん、鑑定結果はいかがでしたでしょうか?

   どうぞ、皆様、より良き未来を…

関連記事

  1. coins-1523383_1920

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    命もビジネスも女から生まれる!

    人類最古のビジネスの一つは売春だそうです。もう一つが占いと言われていま…

  2. future-1126760_1920

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    占いの選び方~西洋の主な占術の種類

    ★西洋占星術(ホロスコープ・星占い)主に、生まれ持った運勢傾向や相性、…

  3. skeletal-601213_1920

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    恋を仕掛けるのは、いつだって女から!

     恋は女が仕掛けるもの。 意外ですか? 男性からアプローチするものだと…

  4. ship-409553_1280

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    歴史に翻弄された占い~邪馬台国の卑弥呼から占い芸人まで~

    占いが、当て物ゲームやストレス社会の慰めに成りさがり本来の戦略会議の中…

  5. butterfly-1127666_1920

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    これが難しい復縁を容易にする効果抜群の別れ方

    春は別れの季節。鑑定で相談に乗っていても、復縁は多数を占めるお題ではあ…

  6. skeletal-601213_1920

    占い軍師上嶋櫻子の研究録

    男がモテない2大理由

    ただしイケメンに限るという言葉があります。この言葉には根本的に大きな嘘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログのテーマ

PAGE TOP